FANBLOG
ファンブログで成果を獲得するためのブログアフィリエイトのポイント教えます

1 カスタマイズタグ(独自タグ)を使ってブログをカスタマイズしよう

こちらではファンブログで使用できる独自タグをご紹介します。
独自タグとは、HTMLタグとは別にファンブログのテンプレートをカスタマイズする時に利用できるファンブログ独自のタグです。
表示したい要素に合わせて、テンプレートのHTML内に記述して使用します。

独自タグを使う場合は、対象のブログの「デザイン」→「PC」→「HTMLの編集」から「HTMLの追加」をクリックして新しいHTMLを作成し、そちらを編集しましょう。
テンプレートをカスタマイズする際にぜひ活用してみてください!

※HTML・CSS、PHPの知識が必要となります。カスタマイズに関する技術的サポートは行っておりませんので、予めご了承ください。

編集用HTMLの追加

【1】「デザイン」→「PC」→「HTMLの編集」を選択
【2】右上の「HTMLの追加」をクリックして新しいHTMLを追加しましょう。
【3】HTML編集画面で初期値との差分が確認できるので、確認しながら編集しましょう。

独自タグ・変数一覧

独自タグの基本文法

<% %> ファンブログ独自のタグです。
<% 変数 %> 変数の値を表示します。
<% 変数 | 関数 %> 変数を関数の種類に応じて整形します。
<%- または -%> [-]を使用すると直前直後の改行コードが削除されます。

変数の使用方法

変数には変数そのものが展開されるものと、ドット(.)をつないで展開されるものの2種類があります。

<% page_name %> 通常の変数
<% blog.title %>、
<% blog.page_url %>など
オブジェクト型変数

代表的な変数一覧(オブジェクト型)

blog.name ホスト名
blog.title ブログ名
blog.description ブログ説明
blog.page_url ブログURL
blog.keywords ブログキーワード
blog.nickname ブログニックネーム
article.subject 記事タイトル
article.body 本文
article.body_continue_text 追記文のつなぎ文言
article.body_more 追記文
article.first_body 追記文言を含む本文
article.entire_body 本文と追記文をあわせたもの
article.disp_flag 公開非公開フラグ
article.accept_tb トラックバック受付フラグ
article.accept_comment コメント受付フラグ
article.createstamp 投稿日時
article.children_count コメント数
article.tb_count トラックバック数
article.tb_url トラックバックURL
article.page_url 記事ページURL
article.category カテゴリIDを取得
category.name カテゴリ名
category.article_count カテゴリの記事数
category.page_url カテゴリのURL

条件分岐の使用方法

<% if:条件 %>

<% /if %>

if文

条件が真(満たされる)の場合にifタグで囲まれた中のHTMLを表示します。

<% unless:条件 %>

<% /unless %>

unless文

条件が偽(満たされない)の場合にブロック内unlessタグで囲まれた中のHTMLを表示します。

<% if:条件 %>

<% else %>

<% /if %>

else文

条件が偽(満たされない)の場合に使用します。unless文と同様です。
if文と併せて記述します。

<% loop:変数 %>

<% /loop %>

loop文

loopの中ではloopの値に応じて複数回繰り返しがおこなわれます。

ページの切り分け制御の方法

ページの切り分けは <% if:page_name eq '変数' %> で制御が可能です。
使用例: <% if:page_name eq 'index' %> トップページにだけ表示したいHTML <% /if %>

index トップページに表示させる。
article /article/配下に表示させる。(記事ページ)
archive /archive/配下に表示させる。(日別、月別アーカイブ)
category /category/配下に表示させる。(カテゴリページ)
comment /comment/配下に表示させる。(コメント)
search /search/配下に表示させる。(検索結果)
profile /profile/配下に表示させる。(プロフィール)
tag /tag/配下に表示させる。(タグ)

関数の使用方法

複数の関数をつなげて使用することができます。
使用例: <% 変数 | tag_break | shorten(100) | nl2br %>
変数の値からHTMLタグを取り除き、テキストサイズを100byteに切り詰めて、改行コードをタグに変換しています。

代表的な関数

clickable http://で始まる文字列があった場合にその文字列をHTMLリンクにします。
comma

数字の三桁ごとにカンマを追加します。

使用例:1000 -> 1,000

date_format

日付文字列を指定フォーマットで表示します。

例 <% article.createstamp | data_format(%Y/%m) %>

nl2br 改行コードを
に変換します。(文字を改行します)
ns2sp 改行コードをスペースに変換します。
oneline 改行コードを抜いて一行にします。
shorten 指定byte数以降を省略します。(文字数を縮める)
tag_break b,i,img,aタグを許可し、その他のHTMLタグを取り除きます。
tag_stript 文字列からHTMLタグを取り除きます。
text_summary

HTMLタグを有効にした上でテキスト部分を指定byte数以降を表示しないようにします。(長い記事名などの文字数を縮める)

使用例: <% 変数 | text_summary(100) %>

日付の表示方法

日付はdata_format関数にフォーマット文を与えて整形します。

<% article.createstamp |
data_format("%Y年%m月") %>
2100年2月
<% article.createstamp |
data_format("%Y/%m") %>
2100/02
<% article.createstamp |
data_format("%Y/%m/%d") %>
2100/02/10
<% article.createstamp |
data_format("%Y/%m/%d %a") %>
2100/02/10 Wed

※HTML・CSS、PHPの知識が必要となります。カスタマイズに関する技術的サポートは行っておりませんので、予めご了承ください。

その他ブログカスタマイズについては、ステップアップテクニックをご確認ください。

ページTOPへ