背景

ママブロガー応援プロジェクト

ママブロガー応援プロジェクト

記事の書き方を
学ぶ

初心者ママブロガーさんで収益化するための記事の書き方が
分からない方向け
に基礎知識をまとめてみました。
是非、参考にしてみてください。

はちこ
アフィリエイトのやり方に正解はありません。ブログの作り方、記事の書き方は人それぞれ
本コンテンツを読んであなたに合ったやり方で記事を書いてみてくださいね!

基礎学習

アフィリエイトの基礎からブログ運営まで初心者向けの講座記事を見たい人はこちら!

記事を書く一連の流れが分からない人はこちら!

ブログ記事を収益化するために必要なことは3つです。

それでは、順を追って解説します。

1 ブログにテーマ性を持たせること

記事を書く前にブログのテーマが決まっていない状態でむやみに書いても収益化は難しいです。
ブログの収益化を目指すのであればテーマ性を持たせる必要があります。
理由は2つです。

  • 1、Googleからその分野に詳しい人だと認識してもらうため
  • 2、読者に信頼してもらうため

Googleはサイトの専門性・権威性・信頼性の3つを重要視しています。これをE-A-Tと呼びます。
ブログテーマが定まっているとブログのEATが高まりGoogleで検索した時に上位に表示されやすくなります。

また、Googleだけではなく読者にも信頼してもらえます。
例えば、ベビーローションを探している人が相談する相手は美容好きのOLさんでは無いはずです。

子育て中のママさんに相談すると思います。
ブログテーマが定まっていなくて何に詳しい人なのかが不明確だと読者もなかなか信頼してくれません。

詳しい人に相談

更にママブロガーというポジションの中にも様々な特徴があります。

ママブロガー1つとってもどんなママブロガーさんなのかを明確にすることで
ブログの強みになりますので是非、テーマについて考えてみてください。

参考記事

以下の記事も読んでみましょう!

2 検索キーワードで上位表示できるようになること

アフィリエイトで収益を得るためにまずは広告が貼ってある記事を
人に見てもらえないとなかなか発生しません。

発生させている人は、検索キーワードで上位表示できるように戦略的に記事を書いています。

やり方は「検索キーワードを決めてから記事を書く」ことです。

今から書く記事は
「何のキーワードで検索されたときに上位表示させたいのか」を予め決めてから書き始めます。

何のキーワードで検索されたときに上位表示させたいのか

キーワードを決めたらそのキーワードの検索意図の答えになる情報を網羅的に書いていきます。
ここで検索意図という言葉が出てきましたが、これは「なぜ、そのキーワードで検索したのか」を考えることです。
Googleは検索キーワードに対する答えを明確に提示しているブログを上位に表示させます。

なので、そもそも検索意図を考えずに記事を書いても上位に表示される確率は低いのです。

キーワードリストを作っておくと便利

キーワードリスト

発生させている人はキーワードを決めてから記事を書くということを知っているので以下のようなキーワードリストをエクセルで作ってます。

予めキーワードリストを100キーワード程まとめておくと記事作成時に迷わなくて済むのでおすすめです。

左記キーワードリストの例では、収益記事と集客記事と書かれていますがこのあと、解説します。

3 収益記事と集客記事を使い分けること

記事には大きく分けると「収益記事」「集客記事」の2つがあります。

収益記事とは?

収益記事とは収益化させるための記事です。「この記事から発生させるぞ!」という記事です。
どういう記事かというと例えば「レビュー記事」や「まとめ記事」が該当します。

レビュー記事

レビュー記事は実際に商品を購入して試している様子を書いた記事
なので「実際に商品を購入している」という観点から信頼性がとても高い記事になります。
「この人も使ってて良さそうだから買ってみよう」という流れが
起きることが想定できます。

まとめ記事

まとめ記事は皆さんはどんな時に見るでしょうか。
例えば、「ベビーローションを探しているけどどんなものがあるのか知らない」状態であれば、欲しいものが1記事にまとまっていると助かりますよね(購入を検討しやすいですよね)

まとめ記事は何かを欲しいという前提で見に来るはずなので
収益化しやすい記事となります。

集客記事とは?

集客記事とは広告は貼らないけどターゲットとしている人に読んでもらえるような記事のことです。

ターゲットとしている人に「集客記事」を読んでもらい「収益記事」に誘導してあげることで収益化が望めます。

集客記事から収益記事

収益記事と集客記事の連携の例

例えば、「赤ちゃん 風呂上がり」というキーワードで記事を書くとするとこの記事から収益化させるのは少し無理があります。

なぜなら読者は「赤ちゃんを初めてお風呂に入れるけど風呂上りに何をすればいいんだろう」という心境で検索してきていることが想定できるのでここで、いきなりベビーローションを買いましょうといっても買ってくれません。

このキーワードの記事では、しっかりと検索意図に答えられるように
赤ちゃんをお風呂に入れる際の一連の流れを紹介してあげます。

その中でお風呂上りには「ベビーローションを塗ります」と書くことになると思いますが
そこで初めて「収益記事」の方、例えばベビーローションのまとめ記事に誘導してあげることで読者に必要な時に必要な情報を提示することができるので自然と誘導できます。

赤ちゃんをお風呂に入れる

おそらくこの読者は集客記事で「風呂上りにはベビーローション塗るんだ」と知り収益記事でおすすめのベビーローションを探して購入してくれることが想定できます。

このように記事には「収益記事」と「集客記事」の2つあるので戦略的に書いていきましょう!

本コンテンツは記事作成に的を絞って解説しています。
ブログを成長させる全体的な内容は以下のコンテンツがおすすめです!

初心者ブロガーステップアップ講座