Twitterへ広告を掲載してもいいですか?

Twitterではアフィリエイトリンクの投稿が禁止されているので、
広告素材のツイートはお止めください。
 
ご自身のサイトやブログのURLを掲載する分には問題ございません。
ただし、過度な宣伝はスパム行為と判断される可能性がございますので、
ご注意ください。

広告の掲載方法の手順が分かりません

広告を掲載するには、A8.netにログインし、広告リンク作成ページにて広告リンクのコードを
生成、コードをコピーし、掲載したいウェブサイト、またはメルマガに貼り付けてご利用下さい。

 

【広告を掲載する方法】(http://support.a8.net/as/supportguide/support/pg03.php

 

◆広告素材の貼付け手順◆
1)管理画面の上部にある「プログラム管理」タブから「参加中プログラム」をクリックします。

 

2)広告を作成するプログラムの『広告リンク』ボタンをクリックします。

 

3)「広告リンクコード生成」画面で、「掲載サイト」のプルダウンから
  掲載するサイト名を選択します。

 

4)「広告タイプ」のプルダウンから素材を選択し、『広告リンクを表示』ボタンを
  クリックして下さい。
   *バナーを作成する場合は「バナータイプ」でサイズを指定できます。

 

5)希望の広告素材の下にある『素材を選択』ボタンをクリックすると広告リンクコードが
  選択されます。(広告リンクコードが反転表示されます。)

 

6)選択された広告リンクコードをコピーし、掲載したい箇所に貼り付けます。

プログラム提携したら、次は何をすればよいですか?

プログラム提携をすると、管理画面の上部にある「プログラム管理」タブ内の「参加中プログラム」に
広告主名とプログラム名が表示されます。

 

広告素材を作成したいプログラムの右側にある「広告リンク」ボタンをクリックし、広告リンク作成ページにて
自サイトへ貼り付ける広告素材用のHTMLコードを生成・コピーし、あなたのホームページやメールマガジンに
広告を貼り付けてください。

 

バナーの掲載や取り外しは任意となっております。
必ずしも提携したプログラムの広告素材を貼らなければいけないということではありません。

 

ただし、終了したり提携を解除したプログラムの広告素材はすぐに取り外してください。

ブログに広告が貼れない!

ブログでもホームページでも、広告素材の貼り方そのものは全く変わりません。

 

ただし、ブログによってはHTMLが有効な編集モードで貼り付ける必要があったり、一部のタグに制限があったり、
ソースコードの編集画面の開き方が分かりにくかったりする場合もございます。
このような場合は通常の広告の貼り方をご確認の上、ブログ側のサポートにお問い合わせ下さい。

どんなタイプの広告素材がありますか?

現在はバナータイプ、テキストタイプ、メールタイプの3種類の広告リンクが用意されています。

 

その他にも商品リンクや楽天広告素材作成ツール、Amazon広告素材作成ツールなど、広告主サイト内で
お好きなページを広告の飛び先として設定できるものもあります。

 

プログラムによって、ご利用可能な広告素材のタイプは異なります。
全タイプの広告素材を使えるわけではありませんので、ご了承ください。

広告素材用のHTMLコードを自動生成するとは?

単純にバナー画像を貼るだけだったり、直接リンクのURLを貼るだけでは、どのメディア会員様経由で
ビジターが広告主サイトへアクセスしてきたのかを把握することはできません。

 

メディア管理画面で自動生成できる広告素材のHTMLコードを利用することで、どのメディア会員様経由かを把握することが可能になります。
このコードには、広告素材を識別するために各メディア会員様のIDが暗号化されていますので、手を加える必要はありません。

ホームページ作成ツールでの掲載方法がわかりません

A8.netの広告は、通常コピーした広告コードをホームページに貼り付けをしていただくだけで

広告掲載することが出来ます。
ホームページ作成ツール(ホームページビルダー等)をご利用の場合、メーカーによって使い方はそれぞれ異なりますが、だいたい下記のような方法で掲載ができるようです。
詳細については直接お使いのメーカーの問合せ先にバナー掲載についてお問合せください。

 

1)ホームページ作成ツールを立ち上げます。
2)広告を掲載するページを、ページ編集モード(実際に表示される画面で編集が出来るモードのことです)の

  画面で開きます。
3)広告を掲載したい場所にカーソルを合わせてください。
4)カーソルを合わせた状態で、HTMLモード(HTMLコードで編集が出来るモードのことです)に切り替えます。
5)HTMLモードに切り替えると、掲載したい場所のソースにカーソルが移動しているはずです。
6)あらかじめコピーしておいた広告のコードをカーソルが移動している場所に「貼り付け」します。
7)ページ編集モードできちんと広告が掲載できているか確認して下さい。
(メーカーによってはウェブ上にアップしないと表示が確認できない場合もあります。)

 

また、正しく掲載したつもりでもページを保存する際に広告コードの内容が一部書き換わってしまう例があるようです。
このような場合は、保存したHTMLファイルをテキストエディタなどで開いていただき、コードが変更されている広告素材を生成し直し、貼り直してみてください。

広告の中に「alt=””>」という部分があるけど、何かを書き込む必要があるの。

altタグはHTML言語におけるタグで、画像の上にマウスカーソルを置いた時に表示されるメッセージを設定するものです。
この箇所も広告素材の一部分になりますので、書き込みはご遠慮下さい。

同じ広告素材を複数のサイトに掲載して良いですか?

複数の登録サイトに同じ広告素材を掲載いただいても問題はございません。
ただし、管理画面のレポート上では一つのサイトから発生した成果として反映されてしまいます。

 

掲載サイトを選択することで、レポート上にてサイト毎の成果を確認できますので、
掲載サイト毎に広告素材を取得していただくことを推奨しております。

 

【関連リンク】
副サイト用の広告素材はどのように作成するのですか
http://support.a8.net/a8/as/faq/2004/08/post_109.html

広告主サイトの画像やオリジナルの広告素材を使っても良いですか?

広告素材の改変は禁止していますので、オリジナルの広告素材を掲載することはご遠慮ください。
広告素材を改変したことによって、成果報酬が正しく反映されなくなった場合はサポート対象外になります。

 

また、広告主サイトに掲載されている画像などををそのまま、もしくは加工して利用することは
広告主に迷惑をかける行為になりますので、お止めください。

 

商品リンクを利用可能なプログラムであれば、広告主サイトの商品画像などを使って広告素材を作成できます。
詳細文に注意事項が書かれていることがありますので、内容をよく読んだ上でご利用ください。

 

【関連リンク】
商品リンクって何ですか?
http://support.a8.net/a8/as/faq/2005/08/post_25.html
商品リンクにはどの画像、URLを使っていいのでしょうか。
http://support.a8.net/a8/as/faq/2005/08/url_2.html

生成したコードの中にIDを書き込む必要はありませんか?

コードを生成した時点ですでに個別の識別コードが含まれておりますので、後からIDなどを書き加える必要は

ありません。生成された広告素材をそのまま利用してください。

 

なお、どの部分が個人のIDになるか、どのような機能になっているかなどについては、当社では公開しておりません。

コードの一部を変更しても良いですか?

広告素材の改変は禁止していますので、コードを変更することはご遠慮ください。

 

フォントタグによるテキスト部分の装飾や改行の削除、XHTML形式で掲載するための修正など、
元のコードに影響のない範囲であれば変更しても構いませんが、広告素材を改変したことによって、
成果報酬が正しく反映されなくなった場合はサポート対象外になります。

 

テキスト素材のテキスト文言変更やバナー素材のバナーサイズ変更は許可しておりませんので、ご遠慮ください。

 

【関連リンク】
広告の中に「alt=””>」という部分があるけど、何かを書き込む必要があるの。
http://support.a8.net/a8/as/faq/2005/08/alt.html
1ピクセル×1ピクセルのタグは必要ですか?
http://support.a8.net/a8/as/faq/2004/08/1.html

副サイト用の広告素材はどのように作成するのですか?

副サイト用の広告コードを作成するには、「広告リンクコード生成」画面で、「掲載サイト」の
プルダウンにて掲載するサイト名を選択し、「広告リンクを表示」ボタンをクリックして下さい。

 

副サイト用の広告素材を使用することで、掲載サイト毎のレポートを出して効果を測ることが出来ます。

 

【関連リンク】
広告の掲載方法の手順が分かりません
http://support.a8.net/a8/as/faq/2008/05/post_68.html
広告掲載サイトを間違えたらどうなりますか。
http://support.a8.net/a8/as/faq/2004/07/post_113.html

携帯端末用のサイトやメールマガジンに広告掲載はできますか?

スマートフォン用サイトの場合は、スマートフォン対応プログラムの広告素材を掲載できます。
フィーチャーフォン用サイトの場合、一部のプログラムを除いて対応しておりませんので、広告掲載はできません。
対応状況はプログラムによって異なりますので、詳しくは各プログラムの対応デバイスアイコンをご確認ください。

 

1ピクセル×1ピクセルのタグは必要ですか?

バナー素材やテキスト素材に付属している1ピクセル×1ピクセルのタグは、
広告素材のインプレッションをカウントするために必要なものです。
削除してしまうと正確なトラッキングが出来なくなりますので、取り外さないでそのままご利用ください。

広告は登録したページ以外にも掲載して良いですか?

サイトのトップページを登録している場合、同一サイト内(トップページと同じドメイン内)で
トップページからリンクが貼られているページであれば、広告を掲載しても問題ありません。

 

登録したページと異なるドメインのサイトや、同一サイト内でもリンクが貼られていないページに
広告を掲載することは禁止行為となります。必ずサイト登録を行なってから、広告を掲載してください。

 

また、同一サイト内でリンクが貼られていても、サイト内容が全く異なる場合は別サイトとみなされる場合もありますので、サイト登録していただくことをおすすめします。

 

【関連リンク】
副サイト登録の手順(サイト登録・修正の手順)
http://support.a8.net/a8/as/faq/2008/08/post_31.html

バナーはいくつでも貼ることができるのですか?

メディア会員様の運営されている登録サイト内であれば、いくつでも貼ることができます。

 

ただし、同一ページにたくさんのバナー素材を掲載すると、広告効果はあまり期待できなくなります。
サイトの内容やデザインに合わせて掲載した方が効果は高いようです。

広告の表示がおかしいです。リンク先が開きません。

原因はいくつか考えられます。

 

1.広告素材の貼り方が間違っている場合。
広告素材は生成されたコードのまま貼り付けてください。コード内に余分な文字やスペース、改行などが入ったり、
必要な文字や記号が消えてしまったりしていると、広告は正常に表示されず、成果もカウントされなくなります。

 

2.コードを貼る場所を間違えている場合。
リンクコードは、HTMLソースの編集画面内に貼り付けていただく必要があります。
ブログやホームページ作成ソフトをご利用の場合、通常の編集画面に貼り付けると、リンクコードの文字列が
そのまま表示されることがあります。
お使いのブログやソフトによって、HTMLソース編集画面の名称や開き方は異なりますので、
操作方法については各ブログ、ソフトの問い合わせ先にお問合せください。

 

3.コードに変更が加わってしまっている場合。
ホームページ作成ソフトやブログの種類によっては、ファイル保存時に自動的にコードが書き換わってしまう場合があります。この場合、広告が正常に表示されなかったり機能しない場合がありますので、保存後の広告コードをよくご確認ください。

 

4.ウィルススキャンソフト、ファイアーウォールなどの設定による場合。
自分のパソコンで見ている時には正常に表示されていても、ウェブ上にアップロードしたら表示がされなくなる場合などは、ウィルススキャンソフト、ファイアーウォールの設定が問題である場合があります。
また設定を変更した後に、一部の広告は見れるのに一部の広告は見られないままになってしまう例がございます。
その場合はキャッシュの削除を行って下さい。

 

5.お使いのパソコンの環境やブラウザの設定などに問題がある場合。

 

———————————————————-
【A8.net推奨環境】
・Google Chrome 最新版
・Mozilla Firefox 最新版
・Microsoft Internet Explorer 9.0以上
———————————————————-

 

●《 JavaScript 》と《 Cookie 》を有効にして登録を行って下さい。
参考)上記の確認の仕方はブラウザによって異なります。
○Internet Explorerの場合
ツール→インターネットオプション→セキュリティ→レベルのカスタマイズ→
セキュリティの設定の中に上記の項目があります。
○Firefoxの場合
Firefoxのツール→オプション→コンテンツの中にJavaScriptの項目があります。
ツール→オプション→プライバシーの中にCookieの項目があります。

 

6.広告素材に問題がある場合。
他の広告素材は正常に表示されているのに、特定の広告素材のみ表示がされない場合は、
広告素材の設定に問題がある可能性があります。
正常に表示されなかった広告素材の広告主名・プログラム名・広告素材IDと、実際に広告を掲載している場合は
そのURLをご連絡いただければ、A8.netサポートセンターで確認を行います。

広告掲載サイトを間違えたらどうなりますか。

掲載サイトの選択を間違えた広告素材にて掲載した場合でも、成果は問題なく発生します。

 

掲載サイトの選択は掲載サイト毎のレポートを表示するためのものです。
選択を間違えた場合は、レポート上で表示されるサイト情報が選択したサイト経由の成果として表示されます。

 

正しいサイト情報でレポートを確認したい場合は、掲載サイトを選択し直した広告素材に貼り替えてください。